最新技術と人の手が生み出す製品

“八鹿鉄工”では、研究・開発から製品完成まで全てを自社工場にて製作します。
全てが自社内で可能なので、常に前向きなチャレンジ精神で新しい製品を生み出し続けることができます。
研究・開発から完成まで、全てが可能な自社工場
夢の道具を実現させるための研究・開発、それらを創作するための工場。
それぞれの工程に高度な最新技術と長年培った匠の技が生きているからこそ、未来に向けての新しい製品の創出が実現できます。
  • 01研究開発

    process01数々の優れた製品を生み出す研究部は、八鹿鉄工の頭脳集団。常に「人の暮らし」を考え、試行錯誤を繰り返し、様々なアイデアを製品化します。

  • 02プレス・旋盤

    process02様々なプレス機を駆使して、加工図面から起こした型をもとに、微細で複雑なプレスを行なっています。旋盤は複雑なミクロン単位の加工精度が要求されます。それらを精密に削り磨くこの工程はもっとも大切な工程の一つです。

  • 03生産技術

    process03幾多のトラブルを乗り越え磨きぬかれた職人の腕が創作する「治具」。当社の技術力を陰でささえているのです。

  • 04溶接板金

    process04溶接・板金の良し悪しは、当社製品にとって仕上がりに大きな影響を及ぼします。人にできること、ロボットにできること、それぞれの長所を分担して効率よく、かつ慎重に作業を行います。

  • 05塗装

    process05塗装は小・中型、大型と部品の大きさに合わせて、それぞれのラインがあります。小・中型部品には「カチオン塗装」という最新技術を採用。
    カチオン塗装 セットさせた部品は約2時間半かけ、脱脂~水洗~カチオン槽電着~焼付~吹付け~補修~焼付の順に各工程を経て、自動車並みの美しい仕上がりに。

  • 06組立・検査・出荷

    kensa1人複数の作業をこなすライン生産を採用し、厳密な完成検査を行います。多品種少量生産を効率よく組み立て、出荷しています。